本を読んで考えたこと

ツイッターのロングバージョンです

苗代が人生を明るくする。(松岡正剛『誰も知らない 世界と日本のまちがい』)

 10日も前に読み終わったが、エピローグも含めた最後の10ページくらいがずっと心地好い余韻として頭に残っているので、何か書いておこうと思った。

 感動したポイントは、「直播きではなくまずは苗代で」という考え方。古代から日本人が稲作で実践してきた手法。苗を育てるための場所で種を播いてある程度まで育ててから、田んぼに植え替えるという、ただそれだけのこと。これを「情報」「知」でも応用しましょう、ということ。

 松岡正剛先生は、「知の巨人」「知の宇宙人」みたいな人。自分では「編集工学」と呼んでいるが、知識(情報)を網羅して編集し直すことの神様。知識量とその整理とアウトプットのスピードが絶望的に(追いつけないという意味で)速い。そして華麗。どんな専門家をも束ねてその1つ上の次元を行っているような、雲の上のおじさん。私は高校生の頃からこの人に影響を受けまくっているので改めてドッカーン!!ときたわけではないが、偉大なる超人正剛先生の思想の神髄は「苗代」なのかと思うと、一生「苗代」「苗代」「苗代」と大事な局面で思い出すだけで全てOKな気がしてくる。

 昔から中庸とか普遍とか、存在するかもわからないオールマイティーな思想に憧れ続けていて、今も相変わらずそのせいで自分の考えが決まらなかったり主張するのが怖かったりする。日々の社会情勢について自分なりに解釈して意見を持つ人が輝いて見えるのに、自分には未だにできない。少し前に比べてずいぶん思想が固まってはきたが、やはりまだまだ足りないことが多すぎて、何かを主張するのは恐れ多い。未熟な自分を晒すだけという気がする。

 そこでこの「苗代」の思想。プロセスを説いているのに、生き方としては確立されたゴールであるところが魅力。「自分は発展途上でどこにも行き着いていない」という遅れの自覚を取り払うことができる。

 私は高校生の頃からとにかく文系科目は授業が楽しくて仕方なかった。バリバリ進学校なのに受験を無視したカリキュラムで、先生たちが自分の専門科目の魅力を伝え続ける授業ばかりだった。そんな授業だったから、新しく入ってくる知識や考え方、ものの見方は何でも面白かった。全部吸収したかった。理系は苦手と思い込んでいたから随分と遅れたものの、今やっと数学、物理、化学、生物なども魅力がわかってきた。 正剛先生と違ってどんどん忘れていくんだけど、それでも学ぶことはとにかく歓ばしい。何百年、何千年の歴史に濾過されて凝縮された叡智は美しい。

 だがこれは気をつけないと「浅く広く」と揶揄されることになる。そう思って自分の歓びや向上心を肯定しづらかった。でもこれは正剛先生が言うところの「苗代で種を育てている状態」なわけだ。大学を卒業して、やっと植え替えし始められている苗もあると思う。これからどんどん植え替えられる苗が増えていく。そう思ったら人生マジ明るくないですか?

 自分が死んだ後にやっと稲が実って、できたお米を色んな人が食べてくれたらそれでよしとしよう。苗代の段階でこんなに明るい気分になれるなんて、正剛先生は凄い。本当に凄い。この人本当に凄い(しつこい)!!!

 まだ読んだことがない人はぜひ読んでください。この本に限って言えば、20うん年間モヤモヤしていた世界史と日本史と哲学がかなり晴れました。

誰も知らない 世界と日本のまちがい 自由と国家と資本主義

誰も知らない 世界と日本のまちがい 自由と国家と資本主義