本を読んで考えたこと

ツイッターのロングバージョンです

読書すると何がいいのか考える

仕事で子どもの読書活動について考える機会があり、しばらく考えないようにしていた「なぜ読書するのか」「読書するとどんないいことがあるのか」が再び気になりだした。そもそも前提として、「どんな本を読むか」「どんな風に読むか」が人によって様々なので、同じ「読書」とも呼べないような気すらしてきたが、とりあえず私(28歳)の場合を考えてみた。

 

①近づきたい人に近づけるようになる

「この人のことをもっと知りたい」「この人と仲良くなりたい」と思う人が誰にでもいるはず。ピンときた時には、異次元の存在だったり、住んでる世界が違ったり、コミュニケーションの術が全くなかったりする。そういう人に出会った時に、憧れや羨望の眼差しで見ているだけじゃつまらないし、虚しい。嫉妬を生むこともある。

本を読んで、知識や想像力や思考力を高めながら内省を繰り返していると、近づき方が分かることがある。その通りに実行してみると、本当に近づけることがある。きっとこういう風に物を見てるんだろう、こう考えているんだろう、と想像できることはとても大事。「相手にされなかった」「バカにされた」「無視された」と感じる時は、その想像がうまくできておらず、近づき方を間違っている場合が多いと思う。

これは生きてる人に限ったことではなく、亡くなった人の作品や思想と向き合う時にも同じ。初めは「難しい」「分からない」のオンパレードでも、ある日「あぁちょっと分かったかも」と思える時がくる。少し近づけた証拠。

日々の生活でじわじわそういう喜びを味わえたら、それは読書のお陰だと思う。

 

②涙の価値が上がる

涙もろい=情が深い、感受性が豊か、繊細、みたいなイメージ。小説や映画などの感想で「泣いた」「涙が止まらなかった」は便利ワード。それだけで感動を表現できた気になれる。私はずっとこれに懐疑的で、何でもかんでも泣いてたら涙の無駄遣いだと思う。

そもそも涙は、自分のコントロールの範囲を超えた時(自分を制御不能になった時)に流れるものだと思っていて、涙もろい人というのはその制御をしてない(orできない)人なんじゃないか。言葉の力でも筋肉の力でもいいけど、涙を流さないように意識すると意外とできるもの。泣くことに慣れてしまうと、何でも泣けば済むと勘違いしてしまう。泣く前に言葉で説明できるようになると、作品やシチュエーションの解釈や分析が広がってより味わえることも多い。セルフコントロールもうまくなる。

本を読み続けていて、私は明らかに泣かなくなった。昔はよく泣いてたのに。今後も、いざという時のために涙はとっておきたい。「あーーー自分もまだこんな風に泣けるんだーーー」という感動はプライスレス。「こんなことで泣いてしまうんだ」と反省することも。涙は色んなことを教えてくれる。自分の涙のことも人の涙のことも、年齢を重ねるごとに少しずつ分かってくるものだけど、本を読むと、もっと分かると思う。

たまに「全く泣かない」という人がいて、そういう人たちのことは正直よく分からない。でも「30年泣かなかった人がコレで泣いた」みたいな出来事があったらそれってすごいことで、涙の価値は涙の量に反比例する……と言ったら言い過ぎか。

 

とりあえず今日はここまで。読書好きな人とは無限に語れるテーマですね。