本を読んで考えたこと

無性に何か書き残したくなる本に時々出会う。その記録。

声を出して笑う本(町田康『生の肯定』他)

久しぶりに本読んで声出して笑った。 町田康。天才か。

町田康が面白いのは知ってたけど、相変わらず面白い。突如飛び込んでくる異次元からの語彙と語尾にやられる。しかもタイトル『生の肯定』。これ死にたくなった時に読んだら絶対に死なずにいられると思った。死にたくなった時に町田康を思い出せますように。

生の肯定

生の肯定

 

 

そういえば声出して笑うほどの本ってそうそうないよな〜最後に本読んで声出して笑ったのいつだろうな〜と少し思い返してみた。

すぐに思い出したのは、1、2年前に読んだ内田樹中沢新一の対談『日本の文脈』。内田樹が生み出したコンセプト「男のおばさん」がツボにはまって、涙を流して笑った記憶がある。1回だけの登場なら笑わずに読めていただろうけど、とにかく内田樹がしつこく数ページにわたって「男のおばさん」と繰り返していて大爆笑した。もちろん、私がこれまでに読んだレビューの中に「爆笑しました」は書かれていない(いたらお友達になれそう)。

あと、さくらももこの『神のちからっ子新聞』を初めて読んだ時も泣くほど笑った。完全に新世界だった。

それから穂村弘のエッセイ。「帰宅したらすぐにシャツが脱げるように、家のドアを開ける前にボタンを外し始めるようになって、徐々にそのタイミングが早まって最終的に近くの横断歩道で外し始めるようになってしまった(不審者)」というエピソードでめちゃめちゃ笑った記憶がある。他にも結構声出して笑った話があったような。

 

これらを思い返して考えるに、私がツボにはまって大爆笑する文章の条件は「予想外すぎるワードチョイス&字面 in 真面目な文章」。

まず、予想外”すぎる”のがポイント。どんな文章でも、他人が書いてるんだからそもそも予想外なのは当たり前。予想通りの文章なんてつまらない。自分の予想外のそのまた予想外みたいなエリアからいきなり斬新なワードをブッ込まれて、しかもそのワードがそれまでの文脈から完全に浮いてる時に、笑いの波はやってくる。大抵そういう時って字面も斬新。

そして、それを「とっても真面目に書いてますよ」「あなたを笑わせるつもりは微塵もありませんよ」という顔してやられるとダメ。この人は真剣なんだ…!と思うと余計に笑えてしまう。実は笑っちゃいけないのかもしれない。いや、もうこれ以上考えちゃいけない……

 

 と書いてるうちに思い出した。ついこの間も町田康の「宇治拾遺物語」訳でガハハと声出して笑ったのだった。他の訳者みんな忘れてしまうレベルのインパクトだった。

数少ない「本読んで声出して笑った思い出」のうち2つが町田康。相性が良いのかもしれない。 いや、町田康で笑わない人いるのか???

 

これからも愉快な本に出会いたいものです。笑いは世界を救う。

 

  

日本の文脈

日本の文脈

 

 

神のちからっ子新聞〈1〉 (スピリッツボンバーコミックス)

神のちからっ子新聞〈1〉 (スピリッツボンバーコミックス)